触媒学 - 自動車触媒 買取り リサイクル  

05 - 自動車触媒の選定

   


触媒の選定

その中で、下記の事項を基準に選定することが重要になってきます。

@低い温度で酸化処理ができること
A大きなSV値(空間速度)がとれること(高いSV値だと触媒量が少なくすみます)
B圧力損失が低いこと
C長い寿命をもっていること
D目詰まりしにくいこと

触媒の種類によって酸化活性は異なります。

 (156文字、スペース含む)

01. 自動車触媒とは
02. 自動車触媒の研究
03. 触媒被毒とその対策
04. 自動車触媒の種類
05. 自動車触媒の選定
06. 自動車触媒の形状
07. 白金族触媒の比較
08. 発泡金属とは
09. 自動車触媒のサイズ判別
10. ケースの中で割れて、欠けている触媒
11. 割れ・欠け トラック用触媒
12. ケースの中で真ん中が溶けている触媒一例
13. セラミックハニカム - その名前
14. セラミックハニカム - 実用的な観点として
15. セラミックハニカム - 何故、触媒が必要になったのか
16. セラミックハニカム - 何故、蜂の巣のような形にしたのか
17. 自動車触媒に含まれる貴金属
18. 自動車触媒の構造
19. 触媒酸化法
20. 排ガスに含まれる汚染物質
21. 脱貴金属を目指すナノ粒子自己形成触媒の新規発掘
22. ホンダ、ロジウム使用量を低減した新触媒を開発
触媒学 - 自動車触媒 買取り リサイクル  触媒学 - 自動車触媒 買取り リサイクル  触媒学 - 自動車触媒 買取り リサイクル  触媒学 - 自動車触媒 買取り リサイクル  触媒学 - 自動車触媒 買取り リサイクル
Copyright ©2017 触媒学(しょくバイまなぶ)